ギリシャ彫刻かローマ彫刻か。美術がもっと楽しくなる2つのポイント。

ART
こんにちは!今日も楽しく古代文明に思いを馳せているまめ(@art_rootbox)です!
少し前からこのメディアROOTBOXの公式Twitterを始めました!
古代文明にまつわる小話をゆるーく更新していきますので是非フォローしてくれたら嬉しいです◎
Twitterはこちら

 

 
遂に今日からギリシャに変わってローマ時代に突入します!ギリシャを征服したローマは、文化先進地域だったギリシャの文化を継承する形で美術を発展させていきました。

 

私も勉強するまでは、ギリシャとローマの文化の違いを知らなかったのですが、調べてみると古代ローマの宗教的な思想や美術に対する考え方、価値観を、しっかり美術に落とし込んでいることがわかり、とても面白く感じられるようになりました!

 

見た目はギリシャっぽくても、中身はローマ!今回ご紹介する2ポイントを理解すればあなたも西洋の彫刻を、ギリシャ彫刻か、ローマ彫刻。そしてローマ時代に作られたギリシャ彫刻のレプリカの3つに区別できるはず!
さっそくみていきましょう!

 
 

実は恥ずかしがりだった!?裸の彫刻が激減したローマ彫刻

古代ギリシャでは、ほとんどの男性が裸で描かれていました。オリンピックも裸で開催されていたので、古代人は単純に服を着ないのか勝手に思い込んでいたのですが、実は古代ローマの彫刻はほとんど服を着ています。この背景には単なる文明の進化ではなく、彫刻の捉え方による違いが関係していました。

 
 

神々に捧げられた古代ギリシャ彫刻

古代ギリシャでは、彫刻は神々に捧げられるものでした。直接ギリシャ神話に登場する神々のブロンズ像を作ることも多かったのですが、実在する人間が描かれることも多く、その際男性はほとんど裸の姿で描かれました。これにはギリシャ独特の価値観が関係していました。

 

ギリシャ人にとって人間の姿は、ギリシャ神話に登場する感情豊かな神から授かったものであり、美しい人間の姿は、神々が喜ぶと考えられていました。神が喜ぶ=「善」という価値観で、肉体が美しければ美しいほど徳を積んでいるということになります。

 

また、古代ギリシャには兵役制度があり、7歳で家族と離れて兵士として訓練されていました。

 

つまり、体を鍛えることがギリシャ人にとって必須の行であり、その肉体が美しければ美しいほど神から認められる。彫刻は神に捧げられるもののため、一番わかりやすく神に喜ばれるような肉体を描かなければならないので、裸の彫刻がたくさん作られることになりました。

 
 

皇帝に捧げられた古代ローマの彫刻

古代ギリシャは統一国家ではなくとし国家が1000以上も独立自治をして並存している文化圏だったのに対し、古代ローマは西洋初の統一国家でした。国家になると1人の王様が誕生し、人々は神々ではなく、王に忠誠を誓っていくことになります。

 

彫刻も神々ではなく、皇帝や偉人など、実在する偉い人に捧げられるようになり、より写実的であることが臨まれました。
訓練の様子や戦争の偉業など、実際の歴史の名場面を切り取ったような彫刻が作られるようになりました。
それにはある程度自然さが必要だったため、ギリシャ時代に見られたやりすぎなまでの体のひねりもなくなり、その時身につけていた甲冑や鎧など、衣服も正確に描かれるようになりました。

 

実在する人物を描く分、その人を嫌う人が皇帝に即位したり、他の国に征服されたりすると、破壊されてしまうリスクがあります。なのでローマの彫刻はほとんど残っておらず、とても貴重なものになっています。

 
 

世界初の本格的コピー作品、その名はローマン・コピー

今では大塚国際美術館など、展示品が全て成功なレプリカなのにめっちゃ人気な美術館などがあり、レプリカって現代のすごい技術があったからこそ生まれたんやろうなぁと思っていたのですが、実は古代ローマ時代既に、世界初めてのレプリカが作られていました。その名もローマンコピー!

 

ローマ時代、ギリシャの彫刻は当時とても人気があり、欲しい人がたくさんいたのでコピーが作られるようになったんだそう。ローマ人もきっとギリシャ彫刻の肉体美に惚れたんだと思います。

 

オリジナルは銅で作られていましたが、コピー品は大理石で作られました。銅は溶かすと大砲や武具に生まれ変わるので、戦争の多かったローマにとっては材料として略奪の対象になっていました。なのでギリシャのオリジナル彫刻はほとんど残っておらず、現存しているものはほとんどローマ時代に作られたコピー品となっています。

 
 

まとめ

ギリシャ文化に憧れ、真似をし、見た目はかなり似せたけど、価値観が違えば同じものは生まればいということでしょうか。
今日の記事を学べば、ギリシャ彫刻か、ローマ彫刻か、ローマ時代に作られたギリシャ彫刻のレプリカなのかの見分けがつくようになったのではと思います。

 

また、戦争のせいで武具に使える銅製の彫刻が失われたのはとても悲しいですね・・・。もし今後彫刻作品を作るならこれを踏まえて、溶かせて再利用できる金属ではなく、石を使った方が後世に残せる確率が上がるかもしれません!
 

 

それではまたお会いしましょう!!